TCCCA ニュースレター Vol.17  2021年3月24日発行

今回は今週に行われるアドバイザー研修とエコ端会議のご案内を掲載しています。ご都合がよろしければぜひ参加をお願いいたします。


また、気候変動や環境問題・省エネ観点の記事も掲載しています。ぜひご覧ください。


◆CONTENTS◆-------------------------------------------------------------

│1│ インフォメーション

No.1 【エコ端会議「鳥取県の2050年ゼロカーボン意見交換会」】

No.2 【とっとり環境教育・学習アドバイザー研修】

No.3 【The Flowers by the Way 〜環境啓発の声を鳥取から世界へ〜】

No.4 【とっとりエコサポーターズ再任・活動報告書の提出について】

No.5 【株式会社マツワ× YKK AP戸建リノベーション実証プロジェクト「鳥取立川の家」完成見学会開催のご案内】


│2│トピック《気候変動(地球温暖化)関連情報》

(1)地域・県・国内の動き

No.1 【全国エコ活コンクール】

No.2 【私たちの生活を脅かす異常気象】

No.3 【新たな「住生活基本計画」を閣議決定】

No.4 【小泉環境大臣による「国・地方脱炭素実現会議における地域脱炭素ロードマップ策定に係るヒアリング(第4回)」の開催】

No.5 【第6回 再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース】



(2)国際情勢

No.1 【インドの氷河崩壊、洪水死者18人に 170人不明、温暖化原因か】

No.2 【気候変動、世界遺産の最大脅威 コロナの悪影響も―ユネスコ諮問機関】

----------------------------------------------------------------------------------


■─■────────────────────────

│1│インフォメーション

■─■────────────────────────

No.1 【エコ端会議「鳥取県の2050年ゼロカーボン意見交換会」】

 エコ端会議「【鳥取県の2050年ゼロカーボン】意見交換会」

と「ウェブ会やり方教室」のご案内です。

 昨年は鳥取県も政府もゼロカーボン(脱炭素)社会宣言をしました。それを受けてセンターでは「2050年に脱炭素社会になった鳥取県」について「チーム・ゼロカーボン」の皆さんと協議し、イラストにしました。

 そこで今回は、とっとりエコサポーターズの皆さんと一緒に話し合おうと意見交換会を開催します。

 また、コロナ禍によりオンラインの会議や研修会が増えて来た昨今、オンラインでセミナーを開催するスキルを身につけていただくため「オンライン会議やり方教室」も同日開催します。今回のエコ端会議はコロナ感染防止対策として、会場とオンラインの両方で開催したします。ご参加お待ちしております。

 お詫び:ご案内の到着が遅くなっておりますので、申し込みの締め切りを3月24日とさせていただきます。

日時:2021年3月27日(土)

【第1部】13:30~14:20

「オンライン会議やり方教室」

・エコサポーターズとして今後、オンラインで発信をできるようなスキルを身に着けるため、ZOOMなどインターネット上で会議や講座を開催する技術を身につけましょう

 講師:SUIKO WORK CAMPパソコン教室 中村春香先生

※会場参加のみです。定員先着7名(パソコンやタブレット、スマートフォンを持参)

 【第2部】14:30~16:00

エコ端会議「とっとりゼロカーボン2050」現場会場とオンライン同時開催

①ミニレクチャー視聴「地域で出来る脱炭素対策」講師:歌川学氏(総合産業研究所)

➁鳥取県の2050年の脱炭素化した社会についてイラストをもとに意見交換

※オンライン参加の方は、ZOOMの招待リンクをメールでお送りします。

会場:SUIKO WORK CAMP〒682-0023鳥取県倉吉市山根645-2

TEL:0858-27-1611 https://suikoworkcamp.jp/

1階フロアーEntire space貸切り・駐車場併設

・ウォークスクール型体温設定システム完備

  会場参加される方はマスクの着用をお願いいたします。

…申し込みはコチラ


No.2 【とっとり環境教育・学習アドバイザー研修】

日時:2021年3月26日(金)10:00~11:30

会場:南部町下中谷

(詳細はお申し込みの方にご連絡します)

テーマ:オンラインでも自然の素晴らしさは伝わるか?

どうしたらより伝わるのか?ZOOMで検証してみよう!

講師:

・佐野淳之氏(樹木医・森林インストラクター、鳥取大学農学部教員として22年間生態学・森林環境学を指導)

・里山生物多様性プロジェクトのメンバー(南部町で野生動植物の環境保全を行っている学生を含む団体)

今回の研修は、佐野先生と里山生物多様性プロジェクトのメンバーが講師となり重要里地里山五百選に選ばれた南部町で自然観察会を実施します。zoom(オンライン会議システム)で同時配信します。

自然体験による環境学習が、どこまでオンラインでその目的を達成できるのか?やってみて考えましょう!皆さんと一緒に検証したいと思います。

*締め切りを延長していますので、急ぎお申込みをお願いいたします。

オンラインの参加はZOOM招待リンクをお送りします。

YouTubeも配信予定です。

…申し込みはコチラ


No.3 【The Flowers by the Way 〜環境啓発の声を鳥取から世界へ〜】

 高校生たちの環境への思いや声がこもったミュージカルを見に来てください!

鳥取県立鳥取西高校の皆さんは昨年度、当センターへ気候対策について学ぶためにいらっしゃいました。国を越えて若者同士、意見交換をするための情報収集です。

そこから、省エネ住宅についての制度への提言の発表を他校で交換したり、FMバードに出演して発信したりするなど、積極的に学ぶ姿にむしろ周りの大人が勇気をもらい活動の推進力にもなりました!

そんな彼らのミュージカル!見逃すわけにはいきません。

鳥取西高等学校ミュージカル実行委員会主催

「The Flowers by the Way 〜環境啓発の声を鳥取から世界へ〜」

2021年3月31日(水)

開場:16:30 開演:17:00

会場:とりぎん文化会館小ホール

チケット:当日販売500円(前売りはありません)

ご予約の場合は,チラシのアドレスへメールでお送りください。

ご予約のない方は,当日コロナ対策のため,席に限りがありますので,

ぜひお早めにお越しいただければと思います。


No.4 【とっとりエコサポーターズ再任・活動報告書の提出について】

 とっとりエコサポーターズの方々へのご案内です。とっとりエコサポーターズでは毎年度の活動報告を、翌年度の4月10日までに提出していただいています。

 つきましては活動報告書(様式第3号)(Word:39KB)をダウンロードしていただきご提出をお願いいたします。また、再任される場合もお手続きが必要ですので鳥取県地球温暖化防止活動推進員申込書(様式第1号)(Word:57KB)をご提出ください。


提出先・お問い合わせ

とっとりエコサポーターズ制度及び委嘱について

鳥取県生活環境部低炭素社会推進課 温暖化対策担当 

電話 0857-26-7205   ファクシミリ 0857-26-8194

 電子メール teitanso@pref.tottori.lg.jp

 ホームページ http://www.pref.tottori.lg.jp/teitanso/


とっとりエコサポーターズ養成講座及び活動について

鳥取県地球温暖化防止活動推進センター(NPO法人ECOフューチャーとっとり)

 電話/ファクシミリ 0120-897-612  電子メール   center@ecoft.org

 ホームページ http://ecoft.org/


No.5 【株式会社マツワ× YKK AP戸建リノベーション実証プロジェクト「鳥取立川の家」完成見学会開催のご案内】

 YKK AP(株)は、株式会社マツワと共働し、YKK AP商品を活用した戸建住宅一棟の性能向上リノベーションを実物件で実践するプロジェクトを進めていました。『鳥取立川の家』は無事完成しましたので、完成見学会を開催いたします。


日時:2021年4月1日(木)~2021日時 年6月30日(水) ※土日祝日は除きます。

   各日①10:00~11:30、②13:00~14:30、③15:00~16:30

場所:鳥取立川の家

内容:プロジェクト概要の説明+ 物件内覧

   ※4月1日と4月29日を除く毎週木曜日、および4月30日(金)、6月30日(水)は、株式会社マツワ代表取締役松岡様も参加されますので、お話を直接お聞きいただけます。

…申し込みチラシはコチラ


■─■────────────────────────

│2│ トピック《気候変動(地球温暖化)関連情報》

■─■────────────────────────


(1)地域・県・国内の動き

No.1 【全国エコ活コンクール】

 全国こどもエコクラブが毎年開催している「全国エコ活コンクール」絵日記部門において、倉吉市成徳小学校6年の井奥 貴之(いのおく たかゆき)さんが優秀賞に受賞されました。

…詳しくはコチラ

…井奥 貴之(いのおく たかゆき)さんの作品はコチラ


No.2 【私たちの生活を脅かす異常気象】

 日本海新聞に当センタ―から記事を寄稿しました。異常気象が増えてきている今、今までの生活の延長戦に未来はないことについて述べています。

…詳しくはコチラ


No.3 【新たな「住生活基本計画」を閣議決定】

3月11日に政府は新たな「住生活基本計画」を閣議決定しました。「社会環境の変化を踏まえ、新たな日常や豪雨災害等に対応した施策」・「2050 年カーボンニュートラルの実現に向けた施策」と2つのポイントを挙げています。

…詳しくはコチラ


No.4 【小泉環境大臣による「国・地方脱炭素実現会議における地域脱炭素ロードマップ策定に係るヒアリング(第4回)」の開催】

令和3年3月19日(金)、小泉環境大臣による「国・地方脱炭素会議における地域脱炭素ロードマップ策定に係るヒアリング(第4回)」を開催されました。YouTubeにて会議の様子が配信されていますのでご覧ください。

…詳しくはコチラ

…配信動画はコチラ


No.5 【第6回 再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース】

 3/23(火)17:30​~19:30​に開催された「第6回 再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」の様子が生中継されました。

~以下、タスクフォースについて~ 2050年カーボンニュートラル社会の実現のためには、再生可能エネルギーの主力電源化及び最大限の導入が非常に大きな鍵を握ります。その障壁となる規制等を総点検し、必要な規制見直しや見直しの迅速化を実現するため、「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」を設置しました。

◆議題 ①再生可能エネルギーの促進に向けた農地利用について(フォローアップ) ②風力発電、地熱発電等の導入拡大に向けた森林の有効活用について

◆出席予定者 河野大臣 藤井副大臣 大林構成員(タスクフォース構成員) 川本構成員(タスクフォース構成員) 原構成員(タスクフォース構成員) 高橋構成員(タスクフォース構成員)

◆ヒアリング対象者 一般社団法人日本風力発電協会 日本地熱協会 農林水産省

◆資料は下記URLからご参照ください。 https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/...

…配信動画はコチラ


(2)国際情勢

No.1 【インドの氷河崩壊、洪水死者18人に 170人不明、温暖化原因か】

 北部ウッタラカンド州で2021年2月7日に発生した氷河の崩壊による洪水の死者が18人、行方不明者が170人になりました。これは地球温暖化の影響が考えられると言われています。

…詳しくはコチラ


No.2【気候変動、世界遺産の最大脅威 コロナの悪影響も―ユネスコ諮問機関】

国連教育科学文化機関(ユネスコ)諮問機関の国際自然保護連合(IUCN)は気候変動が世界自然遺産の「最大の脅威」とする報告書を公表しました。252遺産の3分の1に当たる83遺産に関し、気候変動の脅威が「高い」や「非常に高い」として早急な対応を呼びかけています。

…詳しくはコチラ



----------------------------------------------------------------------------


【編集後記】

 最後までお読みいただきありがとうございました。

今年度も残すところ1週間となりました。今年度はどのような1年でしたか?新型コロナウイルス感染症の影響で人と会う機会が極端に減った1年でした。当センターでも対面からオンラインに変更し、新しいコミュニケーションに挑戦した年でした。

テレワーク普及推進事業でも「鳥取県こそテレワーク」として多くの皆様から関心を寄せられました。

一方、環境問題の観点からは大きく動き出した年だと思います。10月には、日本政府が脱炭素に向けた宣言を行い、先月には温室効果ガスの排出国であるアメリカがパリ協定に復帰しました。これは、再び多くの人に環境に関する意識が高まり脱炭素に向けた社会に動き出すチャンスだと思います。

来年度も環境問題や気候変動に関する最新の情報を発信していきますので引き続きよろしくお願いいたします。


編集:牧園善樹