TCCCAニュースレター vol.4 2021年5月13日発行

更新日:6月27日

とっとりエコサポーターズの皆様

とっとり環境教育・学習アドバイザーの皆様

鳥取県内温暖化対策ご担当の皆様  

(当センタースタッフと名刺交換をさせていただいた方にも送らせていただいています)


5月は自転車月間です。 国交省は「第2次自転車活用推進計画」の策定に取り組んでいるところで、新しい生活様式に基づいてより自転車が活用される社会の推進につながること、ひいてはゼロカーボン会社の構築のプロセスともなることが期待できます。 特に「サイクル環境都市~環境にやさしい「自転車社会」の未来地図」のページでは、ゼロカーボン社会のインフラとして欠かせない都市環境や仕組みがイメージしやすい写真で構成され、こんな社会が早く実現することを思うとワクワクしてきます。  また、先日、環境省中国地方環境事務所よりこちらのサイト「Cyclingood(サイクリングッド)」の案内もありました。 「Health」(健康)、「Life」(生活)、「Social」(社会)の3つのテーマで、自転車がもたらす豊かさについてさまざまな情報が満載で、こちらも自転車に今すぐ乗りたくなるようなページとなっています。  ドイツでは「悪いのは天気ではなく装備だ」とも言われるそうで、曇天が多い鳥取にも当てはまりそうです。 もちろん、危険な状態での運転はもってのほかですので、天気予報をみて装備をしっかりして自転車でのお出かけ、広がりますように。


◆CONTENTS◆-------------------------------------------------------------

│1│レポート

No.1 【なぜレジ袋は減らさないといけないのか?】

│2│インフォメーション

No.1 【とっとり環境教育・学習アドバイザー報告のお願い】

No.2 【SDGsに関する自発的国別レビュー(VNR)についての意見募集5月14日まで】

No.3 【映画「A PLASTIC OCEAN~プラスチックの海」オンライン上映会のご案内】

No.4 【5月20日SDGsを「気候メニュー」の切り口で放送予定(NHK中国)】

No.5 【5/27「ごみゼロ」の日を前にシンポジウム開催、プラごみ問題の真の解決策】

│3│トピック《気候変動(地球温暖化)関連情報》

(1)地域・県・国内の動き

No.1 【YouTube国立環境研究所動画チャンネルさんが新たに動画を投稿しました】

No.2 【日本が目指す「温室効果ガス46%削減」その現実に必要な再エネ導入の「現実解」を考える】

----------------------------------------------------------------------------------


■─■────────────────────────

│1│レポート

■─■────────────────────────

No.1【なぜレジ袋は減らさないといけないのか?】

レジ袋有料化が始まってから7月で丸1年になります。

世界的に「削減しなければならない」と言われているプラスチック。

巷にあふれるプラスチックの中でなぜレジ袋が削減対象として選ばれたのでしょうか。

…詳しくはコチラ


■─■────────────────────────

│3│インフォメーション

■─■────────────────────────

No.1 【とっとり環境教育・学習アドバイザー報告のお願い】

今年も昨年度の環境学習のご指導の実績を報告いただく時期となりました。ご活動の内容を報告書類に記入しご提出をお願いいたします。また、メールでも同様のご案内をしておりますので、郵送かメールの「どちらか」での方法でのご報告をお願いいたします。

…詳しくはコチラ


No.2 【締切5月14日:SDGsに関する自発的国別レビュー(VNR)についての意見募集】

日本政府は2021年7月に開催される国連閣僚級ハイレベル政治フォーラム(HLPF)で、発表する「自発的国別レビュー(VNR)」のパブリックコメントを募集しています。

締め切りは5月14日。ぜひご参加ください。

…詳しくはコチラ


No.3 【映画「A PLASTIC OCEAN~プラスチックの海」オンライン上映会のご案内】

「海がプラスチックで溢れている。わたしたちには何ができるのだろうか。」 世界70カ国以上、1200回以上の上映。17カ国語に翻訳され、短縮版が国連本部でプレミア上映された話題作。海と共に生きる全人類必見のドキュメンタリーとなっています。

日時:5月28日(金)10:00~12:00

オンライン(ZOOM)開催

参加費:300円(組合員) 500円(一般の方)

申込締切:5月21日(金)

主催:生活協同組合コープ自然派兵庫

…詳しくはコチラ


No.4 【5月20日SDGsを「気候メニュー」の切り口で放送予定(NHK中国)】

5月20日(木)11:40からNHK中国「昼前直送便」にてSDGs食を切り口として当センターが提唱する「気候メニュー」が取り上げられる予定です。ぜひご覧ください。

…「気候メニュー」詳しくはコチラ

NHK中国「昼前直送便」詳しくはコチラ


No.5 【5/27「ごみゼロ」の日を前にシンポジウム開催、プラごみ問題の真の解決策】

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンと一般財団法人地球・人間環境フォーラムは、東京都環境局および京都府亀岡市の後援の下、5月27日(木)14:00よりオンラインシンポジウム「リユース革命! 容器包装で始まる、サーキュラー・イノベーション」を開催します。

…詳しくはコチラ


■─■────────────────────────

│4│ トピック《気候変動(地球温暖化)関連情報》

■─■────────────────────────


(1)地域・県・国内の動き

No.1 【YouTube国立環境研究所動画チャンネルさんが新たに動画を投稿しました】

国立環境研究所動画チャンネルさんが2つの動画を投稿しました。

 「レジ有料化だけじゃ終われない!どうする?プラごみ問題

資源循環・廃棄物研究センターの副センター長、室長、特別研究員の3名が、なぜ今レジ袋有料化なのか?プラスチックは何が問題なのか?など様々な疑問について解説しています。

 「日本の2050年脱炭素社会シンポジウム⑤日本における2050年再エネに基づいたカーボンニュートラルへの経緯

2021年3月10日に開催されたシンポジウム「日本の2050年脱炭素社会」(国立研究開発法人国立環境研究所社会システム領域主催)を一部編集し、配信しています。

ぜひご覧ください。


No.2 【日本が目指す「温室効果ガス46%削減」その現実に必要な再エネ導入の「現実解」を考える】

2021年4月22日に菅総理大臣が新たな気候変動対策目標を公表し、日本は2030年時点で2013年度比46%の温室効果ガス削減を目指すこととなりました。その達成に向けて翌23日には梶山経済産業大臣が、2030年の電源構成で再生可能エネルギーと原子力を5割以上に増やしていく考えを示したほか、大量導入可能な再生可能エネルギー電源として太陽光発電に注目する発言も出ています。

…詳しくはコチラ

----------------------------------------------------------------------------


【編集後記】

最後までお読みいただきありがとうございました。

リード文でも紹介しましたが、5月は「自転車月間」、さらに5月5日は「自転車の日」とされています。

通勤や通学、旅行などでの移動をエコにするライフスタイル「smart move(スマートムーブ)が新型コロナウイルス感染防止を想定した「新しい生活様式」でもあるとされ、注目が集まっています。

当センターでも自転車月間をきっかけに健康によく、地球温暖化対策にもなるライフスタイルに興味を持ってもらうためFacebookなどでおすすめの自転車コースや自転車で行けるおすすめの場所など紹介していこうと思います。ぜひご覧ください。

編集:下川創大