TCCCAニュースレター Vol.12 2020年10月15日発行

最終更新: 10月16日

 10月は食品ロス削減月間です。皆さんは普段食べている食材を残さないようにしていますか?日本では食品ロスが大きな社会問題となっており、世界全体の食糧援助量の約2倍に相当する、年間約612万トンもの食品ロスが発生しています。

今回は食品ロス削減月間ということで食品ロスに関する記事が盛り込まれているので注目です!


◆CONTENTS◆-------------------------------------------------------------

│1│  インフォメーション《募集・案内 》

No.1 【第11期とっとりエコサポーターズ養成講座】

No.2 【動画配信のための取材のお願い】

| 2 |トピック《気候変動(地球温暖化)関連情報》

(1)国内の動き

No.1 【平成31年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査の結果(速報値)について】

No.2 【日本の住宅が「暖房しても寒い」根本的な理由】

(2)国際情勢

No.1 【カリフォルニアの山火事の傾向を促進する地球温暖化-研究】

No.2 【食品廃棄物との戦いは気候変動との戦いを意味する】


│3 │コラム

No.1 【気候危機〜日本の常識 世界の非常識〜ジェンダー平等と気候対策

-----------------------------------------------------------------

■─■────────────────────────

│1│  インフォメーション《募集・案内 》

■─■────────────────────────

No.1 【第11期とっとりエコサポーターズ養成講座】

11月10日(火)、11日(水)、21日(土)の3日間にかけて第11期とっとりエコサポーターズ養成講座をオンライン開催します。

内容

11月10日(火)10:00~11:00

基礎講座①「気候変動の現状と将来予測」

講師:鳥取地方気象台 調査官 宮廻 祐一氏

11月10日(火)13:00~14:00

基礎講座②「鳥取県の温暖化対策とエコサポーターズ活動について」

講師:鳥取県生活環境部低炭素社会推進課

11月11日(水)10:00~11:30

基礎講座③「地球温暖化の基本的知見と対策の方向性」

講師:国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長 江守 正多氏

11月21日(土)10:00~11:30

ワークショップ「コロナの時代で必要とされるオンラインの学びや対話の場の可能性とは」

講師:JUNEC 事務局 井澤 友郭氏

申し込みを受け付けております。

申し込みはコチラ

※下記のポスターのURLを読み取りでも申し込むことが可能です。

現在現役の推進員の方々もご参加ください。たくさんの参加をお待ちしております。


No.2 【取材のお願い】

 鳥取県地球温暖化防止活動推進センターでは、皆さんの取り組みや思いを取材させていただき、動画配信をするシリーズ「ちきゅうのともだち」を新たにスタートしました。動画は、このニュースレターで紹介させていただくほか、センターのYouTubeチャンネルでも紹介いたします。

今後、取材させていただける方を募集中です。身近な人や団体の活動を推薦していただき、センターまでご連絡いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

■─■────────────────────────

│2│  トピック《気候変動(地球温暖化)関連情報》

■─■────────────────────────

No.1 【平成31年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査の結果(速報値)について】

 環境省では、家庭部門の詳細なCO2排出実態等を把握し、地球温暖化対策の企画・立案に資する基礎資料を得ることを目的に、平成29年度から統計法に基づく一般統計調査として、「家庭部門のCO2排出実態統計調査」を実施しています。3回目となる平成31年度(令和元年度)の調査結果(速報値)を取りまとめました。…詳しくはコチラ

No.2 【日本の住宅が「暖房しても寒い」根本的な理由】

 冬の室内の温度は快適ですか?残念ながら日本の家の断熱性能の基準は世界に比べると著しく低くなっています。室内の断熱の低さは健康にも大きな影響があります。

この記事ではなぜ日本の住宅の断熱性が低いのか書かれています。

…詳しくはコチラ

(2)国際情勢

No.1 【カリフォルニアの山火事の傾向を促進する地球温暖化-研究】

 カルフォルニアの山火事は地球温暖化による気候変動によって促進されているという研究結果が発表されました。…詳しくはコチラ

No.2 【食品廃棄物との戦いは気候変動との戦いを意味する】

2014年以降、飢餓の影響を受ける人々の数がゆっくりと増加しています。持続可能な食料生産が食料安全保障を果たす基本的な役割となっています。その上で食品廃棄物が気候変動にどのように寄与するか書かれています。

…詳しくはコチラ


■─■────────────────────────

│3│  コラム

■─■────────────────────────

No.1 【気候危機〜日本の常識 世界の非常識〜ジェンダー平等と気候対策

 日本や世界の官僚の男女比からジェンダーについて考える記事になっています。センターより日本海新聞に寄稿しました。…詳しくはコチラ


【編集後記】

 最後までお読みいただきありがとうございました。

10月16日は「世界食糧デー」です。冷蔵庫から消費期限切れの食品が出てきて捨てることはありませんか?

私は現在一人暮らしをしているのですが一人分の料理を作ろうとすると買う食材の量に困ります。買うと一回で使うことができないので冷蔵庫の中を確認して食品を買うようにしていますがなかなか難しですね。冷蔵庫の残り物でできる簡単な料理があれば教えてほしいです。またみなさんで冷蔵庫の残り物でできる料理をシェアすることで食品ロスについて考えてみてはどうでしょう。


編集:牧園善樹


最新記事

すべて表示

TCCCAニュースレター Vol.11  2020年9月30日発行

◆CONTENTS◆------------------------------------------------------------- No.1 【令和2年度とっとり環境杯 募集要綱~脱炭素チャレンジカップ2021 鳥取県大会~】 No.2 【SDGs市民カレッジ2020 「コロナ時代を生きる私たちのSDGs」】 No.3 【オンラインセミナーシリーズ:バイオマス発電の持続可能性を問う〜F

TCCCAニュースレター Vol.10  2020年9月18日発行

◆CONTENTS◆------------------------------------------------------------- | 1 |インフォメーション《募集・案内》 No.1 【動画配信のための取材のお願い】 No.2 【“私たちから世界を変えよう!” 大学生が主催する藤原ひろのぶさんのお話会 in 鳥取市】 No.3 【コロナに打ち克つ!再エネ100宣言RE Actionセ

TCCCAニュースレター Vol.9 2020年9月10日発行

◆CONTENTS◆------------------------------------------------------------- | 1 |インフォメーション《募集・案内》 No.1 【エントリー募集|脱炭素チャレンジカップ】 No.2 【チームゼロカーボン始動!】 No.3 【エココンサート開催】 No.4 【動画配信のための取材のお願い】 | 2 |トピック《気候変動(地球温暖化

鳥取県地球温暖化防止活動推進センター事務局

​(NPO法人 ECOフューチャーとっとり)

Copyright ©Tottori center for climate change actions. All Rights Reserved.

〒680-0822  鳥取県鳥取市今町2-218 office24

Mail:center@ecoft.org

Web:https://www.ecoft.org

Facebook:https://www.facebook.com/tccca/

鳥取県地球温暖化防止活動推進センターのホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。

ecof_logo.png