2019年度湯梨浜×北栄×琴浦3町連携SDGs講演会

最終更新: 1月29日

 2019年12月6日に琴浦長地域コミュニティーセンターにて湯梨浜、北栄、琴浦3町連携SDGs講演会が開催されました。鳥取県中部地区内では、電力などのエネルギーはほとんどを外から購入しています。湯梨浜町、北栄町、琴浦町の3町はエネルギーの地産地消を目指した地域新電力会社を立ち上げることで、エネルギーによる費用の外への流出を減らし、地域経済の循環をすることで持続可能な町づくりを目指すための勉強会としてこの講演会は開催されました。

 元環境相大臣官房政策立案総括審議官米谷氏による「SDGsから地域づくりを考える」という演題でお話がありました。地球温暖化による水不足や生態系の破壊、食料不足などの現在世界中で起きている社会問題の事例を挙げながら説明されました。このような問題の対策に向け地域で取り組んでいる活動の事例などを挙げられました。テクノシステムのポンプを使った水をきれいにするシステムや、会田から産業の途上国における自動車のリサイクルの話を具体的に説明されました。

 次のローカルエナジー専務取締役の森氏による「鳥取県西部における地域新電力の取り組み」という演題でお話がありました。ローカルエナジーでは地元の電力を再生可能エネルギー置き換える活動をしています。鳥取県の電力はほとんどが県外からのもので鳥取県以外にお金が流れている状態です。そこでローカルエナジーのような地域で経済循環が可能な新電力を生み出すことで持続可能な取り組みにつながっています。

 この講演会では、あらゆる地域でのSDGsに向けた取り組みを知る機会の講演会でした。

最新記事

すべて表示

第2回京都大学経済学教室 「再生可能エネルギーはなぜ世界で 大量導入が進むのか?~リスクマネジメントの観点から 地球環境を考える~」を視聴

今回のオンライン教室では京都大学大学院経済学研究科再生可能エネルギー経済学講座特任教授の安田陽教授による再生可能エネルギー(略称:再エネ)に関する世界と日本の動向の違いなどを講義するものです。 ● 国際動向と日本の立ち位置 まず地球環境対策の世界と日本のギャップを認識します。世界での電力部門での投資でもっとも高いのが全体の38%ある再生可能エネルギーです。一方日本では高値で電力系統もふそくしている

『国立環境研究所江守正多先生に聞く!住まいの未来「気候危機と住まいづくり」視聴レポート

…動画はコチラ 今回の動画を公開しているYouTubeチャンネルではエコワークス株式会社様がエコワークス住宅の性能やこれからの住宅に求められる性能とは何かを発信しています。この動画は有識者の先生方との対談を通じて世の中に発信するために制作しているシリーズです。 もともと自分はこのテーマに興味はありませんでした。経営学部である自分にとっては気候や住まいよりも企業経営やマーケティングの方が、興味がある

鳥取県地球温暖化防止活動推進センター事務局

​(NPO法人 ECOフューチャーとっとり)

Copyright ©Tottori center for climate change actions. All Rights Reserved.

〒680-0822  鳥取県鳥取市今町2-218 office24

Mail:center@ecoft.org

Web:https://www.ecoft.org

Facebook:https://www.facebook.com/tccca/

鳥取県地球温暖化防止活動推進センターのホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。

ecof_logo.png