鳥取県2050年ゼロカーボンシティ宣言

 脱炭素社会の実現に向けて、2050年に温室効果ガス(二酸化炭素)の排出量の実質ゼロを目指す動きが全国自治体に広がっていること等を受け、本県においても、令和2年1月30日定例記者会見において、平井知事が2050年の二酸化炭素排出実質ゼロを目指す旨を表明しました。

 なお、本県の宣言は全国都道府県で13番目であり、中国地方の都道府県では初の宣言となります。(鳥取県ホームページより)

また、これより先、2019年12月には北栄町が気候非常事態宣言とともに、2050年にゼロ排出を宣言されました。 北栄町は気候非常事態宣言を表明します http://www.e-hokuei.net/6663.htm 松本町長による宣言(動画) https://www.youtube.com/watch?v=tDYLZ9XxgsE

最新記事

すべて表示

防災から考える自立・分散型エネルギー

昨日1月17日は阪神淡路大震災が発生した日です。 発生から26年を迎え各地で追悼が行われました。阪神淡路大震災は1995年1月17日午前5時46分に淡路島北端を震源とするマグニチュード7.3の巨大地震で、6000人を超える死者がでました。 哀悼の意を表します。 阪神淡路大震災は人口密集地を直撃したため鉄道・高速道路などの交通機関や電気・ガス・水道などのライフラインが壊滅状態となり、避難した人は最大