第3回勉強会 ゼロ・カーボン・チャレンジ



9月16日、チームゼロカーボンチャレンジのメンバーによる意見交換会がオンラインにより開催されました。

今回は講師を設けず、前回までの勉強会で得た知識と、各メンバーの専門知識を持ち寄り、今後2050年の鳥取県はどうなっていてほしいかを話し合っていきました。

参加メンバーは合計16名、zoomのブレイクアウトルームで4班に分かれ、jamboardを各班が共有して意見を集約する、というこの時代らしいミーティング方法で開催され、4班それぞれにたくさんの意見が出されました。


意見の一例


◆2050年の鳥取県 こうなっていてほしい


・再生可能エネルギーのビジネス化

・自動車が無くても生活できる、コンパクトな街づくり

・エネルギーも地域内で完結できる仕組みを持つ

・主な交通手段としての公共交通機関や、サイクリングロード

・公共施設の屋根にPVを必ず設置

・各地域・家庭必要なエネルギーを再エネで賄う。そのための助成金の整備。

・住宅にも燃費表示を行う

・せっかく豊かな鳥取の自然を大いに活かした社会。薪、増えすぎた獣など。

・市民と行政が強い信頼関係を築いている



◆そのためには、2050年までにこうするべき

・日本全体が、気候変動への危機感が弱いため、啓発をしなければ

・エネルギーなど、使う側に意識が集中して、作る側の発想が弱い

・省エネが不自由というイメージがあるため、その打破

・気候変動対策が生活を豊かにするという発想を根付かせる

・地域循環社会に必要な、住民参加の合意プロセスの確立

・市民のに開かれた、町の将来像を紹介する拠点を作り、情報を公開する




今後も継続して勉強会を行い、提言をまとめていく予定です!

最新記事

すべて表示

TCCCA ニュースレター Vol.1  2021年4月10日発行

昨年度は、国のゼロカーボン宣言や米国のパリ協定復帰などで、国内だけでなく世界が一気に脱炭素社会構築に向けた動きが加速しました。日本は現在、NDC(パリ協定における国別削減目標)の引き上げ やエネルギー基本計画をはじめとする議論が盛んになっています。これは究極のところ、「どんなエネルギーをどれくらい使うのか」という選択です。それをだれの視点で選ぶのかということでもあり、再エネ、原子力、化石エネルギー

エコ端会議「鳥取県の2050年ゼロ・カーボン意見交換会」

「ウェブ会やり方教室」を開催しました。3月27日(土)倉吉市にあるコワーキングスペース『SUIKO WORK CAMP』でとっとりエコサポーターズ向けのスキルアップ講座を行いました。 第1部 「オンライン会議やり方教室」 この1年でオンライン化がどんどん進み、zoomでの会議も今や当たり前となってきました。ですが、ほとんどの方が参加される側が多かったのではないでしょうか。 今回はオンライン会議の主

鳥取県地球温暖化防止活動推進センター事務局

(NPO法人 ECOフューチャーとっとり)

〒680-0822  鳥取県鳥取市今町2-218 office24

Mail:center@ecoft.org

Web:https://www.ecoft.org

Facebook:https://www.facebook.com/tccca/

Copyright ©Tottori center for climate change actions. All Rights Reserved.

鳥取県地球温暖化防止活動推進センターのホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。

ecof_logo.png