第2回勉強会 ゼロカーボン・チャレンジ

更新日:2020年9月28日

9月10日にチーム「ゼロ・カーボン・チャレンジ」の第2回勉強会(オンライン)が行われました。

今回は、低炭素推進課の川口さん、環境ジャーナリストの村上敦さんに講演していただきました。

(1) 令和新時代鳥取環境イニシアティブプランの概要 川口氏

 令和2年年度末に策定した令和新時代鳥取環境イニシアティブプランとは県の条例に基づく環境基本計画のことです。環境計画とは県の環境政策の基本的な方向を示す総合計画です。

令和2年から令和11年までの環境政策の方向性や目標を整理したプランになっています。

このイニシアティブプランが環境分野の取り組み全般の根幹という形で、また県の総合的基本方針である「鳥取県将来ビジョン」「鳥取県令和新時代創生戦略」の具体化・保管を行う計画です。

鳥取県の場合は法律に基づく「地球温暖化対策計画」「気候変動適応計画」としてもこのイニシアティブプランを築いています。

イニシアティブプランの内容

環境分野のSDGs達成を目指し、健全で恵み豊な環境を持続可能なものにすることがイニシアティブプランの基本的なコンセプトです。

達成を目指すために、基本的なプランの柱は次の5つの分野で整理しています。

1. 循環型社会の構築

・生産差と消費者による地域内での資源循環

・プラスチックごみ排出量や環境影響等の低減

・廃棄物適正処理による快適な生活環境確保

2. 低炭素社会の実現

・自立分散型の地域エネルギー社会の構築

・再エネ由来水素の活用による産業創出

・創エネ、畜エネ、省エネによる低炭素社会化

・気候変動適応によるレジリエンス向上

3. 自然・生物との共生

・県土全域における生物多様性の保護

・自然公園等の適切な保全と利用活用拡大

・災害に強く、緑豊かなまちづくりの推進

4. 生活環境の保全

・豊饒で賑わいある美しい三津環境の実現

・地下水資源の利用と保全の調和の確立

・星空環境の保全及び地域振興策の拡大

5. 環境活動の協働

・環境課題と経済、社会的な課題を同時に解決する地域経済システムの構築

・持続可能な生産活動・消費活動への転換

・イノベーションによる環境課題の解決