エコママレポート#3「コロナ禍でもエコは続く」

現在コロナ禍。まだまだ気を緩められない日々が続いています。そして、今年の夏も酷暑でした。日々過ごしていると、やはりコロナ禍でも地球温暖化は続いているのだなと感じます。

 今回は私がコロナ禍で実践しているエコ活動を挙げてみたいと思います。


・なるべく買わない

 例えば子どものために服やおもちゃを買う。ついしがちですが、おさがりがあるならそれを着る、広告や包装紙などお絵かき用の紙をストックしておくなど“もったいない”を意識すればできることはたくさんあります。程度によりますが、家族の服やカバンがほころんだり破れたりしたらくっつけたり縫ったりしてなるべく長く大切に使うようにしています。


・マスクは布マスクを使う

 布マスクだと洗えば繰り返し使えます。また、ゴミが出ません。

布マスクの洗い方(経済産業省Youtubeより)


・食材(特に野菜)は使い切る

時々葉っぱ付きのニンジンや大根を購入します。それらの葉っぱや茎は我が家ではふりかけにして食べます。インターネットでレシピを検索すると出てくるので、それを参考にさせてもらっています(^^)


           ↑ニンジンふりかけ


・ジップロックを持参する

※これはお店側から許可を得た場合に限ります。

ナイロン・紙袋をもらわないために家からジップロックを持参し、買ったもの(食べ物そのもの)を入れさせてもらっています。


・エコドライブを心がける

なるべくアイドリングをしない、急発進・急停車をしない、車のエコ機能を使いこなすなどといったことを心がけるようにしています。

10月21日に政府が温暖化ガスの排出量を2050年に実質ゼロにする目標を掲げるというニュースが流れました。私は素直に嬉しかったです。日々の小さなエコ活動の励みになります。これからもコツコツと続けていきたいと思います。


編集:株本

最新記事

すべて表示

第2回京都大学経済学教室 「再生可能エネルギーはなぜ世界で 大量導入が進むのか?~リスクマネジメントの観点から 地球環境を考える~」を視聴

今回のオンライン教室では京都大学大学院経済学研究科再生可能エネルギー経済学講座特任教授の安田陽教授による再生可能エネルギー(略称:再エネ)に関する世界と日本の動向の違いなどを講義するものです。 ● 国際動向と日本の立ち位置 まず地球環境対策の世界と日本のギャップを認識します。世界での電力部門での投資でもっとも高いのが全体の38%ある再生可能エネルギーです。一方日本では高値で電力系統もふそくしている

『国立環境研究所江守正多先生に聞く!住まいの未来「気候危機と住まいづくり」視聴レポート

…動画はコチラ 今回の動画を公開しているYouTubeチャンネルではエコワークス株式会社様がエコワークス住宅の性能やこれからの住宅に求められる性能とは何かを発信しています。この動画は有識者の先生方との対談を通じて世の中に発信するために制作しているシリーズです。 もともと自分はこのテーマに興味はありませんでした。経営学部である自分にとっては気候や住まいよりも企業経営やマーケティングの方が、興味がある

鳥取県地球温暖化防止活動推進センター事務局

​(NPO法人 ECOフューチャーとっとり)

Copyright ©Tottori center for climate change actions. All Rights Reserved.

〒680-0822  鳥取県鳥取市今町2-218 office24

Mail:center@ecoft.org

Web:https://www.ecoft.org

Facebook:https://www.facebook.com/tccca/

鳥取県地球温暖化防止活動推進センターのホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。

ecof_logo.png