エコママレポート 「エコ意識を持って良かった!」

12月。早速たくさんの雪が降りました。一昨年くらいからほとんど雪が降らなかったので心配していましたが、冬らしいとホッとします。でも温暖化が止まった訳ではないので、日々のエコ活動を変わりなく続けていきたいと思います。


今回はエコ意識を持って良かったことを挙げていきます。



〇気持ちに余裕ができた

 車の運転を以前と比べてゆっくり、余裕を持ってするようになりました。ちょっと速度を上げようと思っても“環境に悪いしなぁ”と思って止めることが多いです。

 また、以前は買いたい物があると車を走らせて買いに行ったり、行列に並んだりとせわしないことをしていました。最低限の買い物で満足するようになるとそのようなことが少なくなったので、精神的に楽になりました。




〇節約につながる

節電に取り組み始めてしばらく経ちましたが、ほぼ毎月前年と比べて電気代が安くなりました。また、服や子どものおもちゃなどを頻繁に買うことが無くなったので、その分のお金は浮いていると思います。先日も大きな梱包紙で子どもとお絵描きしてみました。紙が大きい分、ダイナミックに描けるのはいいなと思っています。



〇日々の生活がより楽しくなる

自分たちの暮らしは地球があってこそ、生きられる環境があってこそだと意識するようになると家事をする、家族で過ごす、お出かけするといった普段当たり前にやっていることがありがたいなと思ったり楽しいな、ずっと続くといいなと思えたりしてきました。そして、自然と地球を大切にしよう、周りの人達を大切にしようと思えるようにもなりました。



以上、私の場合ですが挙げてみました。物理的にだけではなく精神的にも嬉しいことが起きるのだなと思いました。ただ、無理をすると楽しくなくなるし苦痛になりがちなので、無理なく続けることも忘れずにいたいと思います。


編集:株本

最新記事

すべて表示

防災から考える自立・分散型エネルギー

昨日1月17日は阪神淡路大震災が発生した日です。 発生から26年を迎え各地で追悼が行われました。阪神淡路大震災は1995年1月17日午前5時46分に淡路島北端を震源とするマグニチュード7.3の巨大地震で、6000人を超える死者がでました。 哀悼の意を表します。 阪神淡路大震災は人口密集地を直撃したため鉄道・高速道路などの交通機関や電気・ガス・水道などのライフラインが壊滅状態となり、避難した人は最大

第2回京都大学経済学教室 「再生可能エネルギーはなぜ世界で 大量導入が進むのか?~リスクマネジメントの観点から 地球環境を考える~」を視聴

今回のオンライン教室では京都大学大学院経済学研究科再生可能エネルギー経済学講座特任教授の安田陽教授による再生可能エネルギー(略称:再エネ)に関する世界と日本の動向の違いなどを講義するものです。 ● 国際動向と日本の立ち位置 まず地球環境対策の世界と日本のギャップを認識します。世界での電力部門での投資でもっとも高いのが全体の38%ある再生可能エネルギーです。一方日本では高値で電力系統もふそくしている

鳥取県地球温暖化防止活動推進センター事務局

(NPO法人 ECOフューチャーとっとり)

〒680-0822  鳥取県鳥取市今町2-218 office24

Mail:center@ecoft.org

Web:https://www.ecoft.org

Facebook:https://www.facebook.com/tccca/

Copyright ©Tottori center for climate change actions. All Rights Reserved.

鳥取県地球温暖化防止活動推進センターのホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。

ecof_logo.png