エコママレポート#2小さなことからコツコツと。

今回は地球温暖化防止のために私が日常の中でしていることを挙げていきます。

すごいことではなく、誰でもいつからでもできることばかりです(^_^)b


1,エネルギーの無駄づかいをしない

例えば節電。使わない時は消す、使いっぱなしにしないなど至ってシンプルなこと。電気を作るために多くの二酸化炭素が排出されます。

2,ゴミを減らす

野菜は皮も食べる、生ごみは水気を切るなど。ゴミは燃やしたりリサイクルされたりする時に二酸化炭素を出すと言われています。

3,なるべく無添加、無農薬、無化学肥料のものを買う

これは2に通ずるものがあります。例えば無農薬、無化学肥料の野菜だと安心して全部食べられる。ということはごみが出ません。



4,地産地消を心がける(食べ物、電気など)

以前、地産地消について地球温暖化防止センターでお話を聞きました。そしてより地元産の物を選ぶようになりました。地元産を選ぶことで、遠方から運送をしなくて済んだり(運送=車の運転=排気ガスの排出)、地元が潤うことで地元民も恩恵が受けられる機会が多くなることが分かったからです。



5,政府へ、地元へ、企業へ声をあげる

最初はかなり勇気が要りました。例えばお菓子。何も考えず買い続け、意見も言わない姿勢は企業に“現状維持でいいですよ”と言っていることになると知りました。未だに多いプラスチックの個包装。これは企業側の「製品の品質を保持するため」。しかしプラスチックごみは海や多くの生物に悪影響を及ぼしています。減らさなくてはなりません。消費者が黙っていてはそのまま。なので、“このままだといけない”と思ったら意見させて頂くようにしています。これは政治にも同じことが言えると思います。


大きくは以上です。最初に始めたのは節電でしたが、温暖化防止のために取り組み始めたのではありません。電気代を安くしたかったからです。

でも、これらのことを続けてみて分かったことがあります。温暖化防止のために動くことは節約にもなり、健康な身体作りにもなるのです。

今は新型コロナウイルスで大変な時。でも温暖化は止まることなく進んでいます。感染予防と並行させて温暖化防止への取り組みも続けながら過ごしていきたいと思っています。


最新記事

すべて表示

第2回京都大学経済学教室 「再生可能エネルギーはなぜ世界で 大量導入が進むのか?~リスクマネジメントの観点から 地球環境を考える~」を視聴

今回のオンライン教室では京都大学大学院経済学研究科再生可能エネルギー経済学講座特任教授の安田陽教授による再生可能エネルギー(略称:再エネ)に関する世界と日本の動向の違いなどを講義するものです。 ● 国際動向と日本の立ち位置 まず地球環境対策の世界と日本のギャップを認識します。世界での電力部門での投資でもっとも高いのが全体の38%ある再生可能エネルギーです。一方日本では高値で電力系統もふそくしている

『国立環境研究所江守正多先生に聞く!住まいの未来「気候危機と住まいづくり」視聴レポート

…動画はコチラ 今回の動画を公開しているYouTubeチャンネルではエコワークス株式会社様がエコワークス住宅の性能やこれからの住宅に求められる性能とは何かを発信しています。この動画は有識者の先生方との対談を通じて世の中に発信するために制作しているシリーズです。 もともと自分はこのテーマに興味はありませんでした。経営学部である自分にとっては気候や住まいよりも企業経営やマーケティングの方が、興味がある

鳥取県地球温暖化防止活動推進センター事務局

​(NPO法人 ECOフューチャーとっとり)

Copyright ©Tottori center for climate change actions. All Rights Reserved.

〒680-0822  鳥取県鳥取市今町2-218 office24

Mail:center@ecoft.org

Web:https://www.ecoft.org

Facebook:https://www.facebook.com/tccca/

鳥取県地球温暖化防止活動推進センターのホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。

ecof_logo.png