エコママレポート

エコのきっかけと現在


とある主婦が書きます。よろしくお願いします。

私の中でエコが急激に高まったのは去年の夏。グレタ・トゥーンベリさんを知って“温暖化は進んでるんだ…こんな少女がアクションを起こしているのに大人は?”とハッとさせられ、“我が子にこれからも地球で安心して暮らしてほしい”という気持ちも湧いてきました。

その時、偶然近いうちに地元で「地球を守ろう」というイベント(座談会形式)があることを知り参加。日常生活では自分にできることをしています。

かくいう私も最初は“エコなんて意識高い系だな“と引いていたし、“温暖化してるだろうけど大したことない”と思っていました。でも、自分が数年前に感じた違和感はぬぐい切れませんでした。

数年前の夏、職業柄しばらく屋外で過ごすことが多かった私はふと“やけに暑い”と気付きました。それから年々暑くなってきている。外で過ごしたいのに過ごせない日も多くなり、違和感はじわりじわりと危機感へ変わっていきました。

現在は温暖化を自分なりに受け止めて、行動したり勉強したりしています。情報収集の際は公的機関や大学教授のホームページ、熱意を持って活動されている方のSNS等信頼できるソースを見つけるようにしています。

そんな中知ったのが「鳥取県地球温暖化防止活動推進センター」。この前やっと訪問することができました。

センターには温暖化だけにとどまらず、いろんな情報や知識を持った職員さんがいらっしゃって気軽に話ができます(^^)資料もたくさんあります。

“鳥取県も温暖化防止の意識があるんだ!”と勇気づけられます。

エコ、地球温暖化、SDGs…知ろうとすればするほど暗い気持ちになることがあります。だけど、何とかしようと立ち上がっている人がたくさん居ることも知りました。

そしてエコが高まったことで「生きていく中で大切にしたい、しなければならないもの」が再認識できたのが大きな収穫です。

“次はどんなアクションを起こそうかな?”といつも考えています。


                                  (株本)  

最新記事

すべて表示

第2回京都大学経済学教室 「再生可能エネルギーはなぜ世界で 大量導入が進むのか?~リスクマネジメントの観点から 地球環境を考える~」を視聴

今回のオンライン教室では京都大学大学院経済学研究科再生可能エネルギー経済学講座特任教授の安田陽教授による再生可能エネルギー(略称:再エネ)に関する世界と日本の動向の違いなどを講義するものです。 ● 国際動向と日本の立ち位置 まず地球環境対策の世界と日本のギャップを認識します。世界での電力部門での投資でもっとも高いのが全体の38%ある再生可能エネルギーです。一方日本では高値で電力系統もふそくしている

『国立環境研究所江守正多先生に聞く!住まいの未来「気候危機と住まいづくり」視聴レポート

…動画はコチラ 今回の動画を公開しているYouTubeチャンネルではエコワークス株式会社様がエコワークス住宅の性能やこれからの住宅に求められる性能とは何かを発信しています。この動画は有識者の先生方との対談を通じて世の中に発信するために制作しているシリーズです。 もともと自分はこのテーマに興味はありませんでした。経営学部である自分にとっては気候や住まいよりも企業経営やマーケティングの方が、興味がある

鳥取県地球温暖化防止活動推進センター事務局

​(NPO法人 ECOフューチャーとっとり)

Copyright ©Tottori center for climate change actions. All Rights Reserved.

〒680-0822  鳥取県鳥取市今町2-218 office24

Mail:center@ecoft.org

Web:https://www.ecoft.org

Facebook:https://www.facebook.com/tccca/

鳥取県地球温暖化防止活動推進センターのホームページに掲載されている記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。

ecof_logo.png