【レポート】令和3年度第1回エコ端会議「どうなる?鳥取県の気候変動~健康にも関わる気象とゼロカーボンな暮らし方~」

6月14日に第1回エコ端会議「どうなる?鳥取県の気候変動~健康にも関わる気象とゼロカーボンな暮らし方~」を開催しました。


主催:鳥取県地球温暖化防止活動推進センター

開催日時:2021年6月14日(月)18:30~20:30

開催方法:ZOOMにてオンライン開催


●「今年の夏も酷暑!熱ストレスによる健康リスクと熱中症」

重田祥範准教授 (公立鳥取環境大学環境学部環境学科准教授、同大学院環境経営研究科環境学専攻准教授)


 近年気象庁が猛暑を一つの災害と認識するほど熱中症患者は年々増加し、日本の大きな社会問題となっています。そこで今回熱中症に関する重要な知識をクイズ形式で参加者の方々に分かりやすく、楽しくお話して頂きました。

例えばQ,熱中症搬送時の傷病程度で最も割合が高いのは?軽傷:入院加療を必要としないもの、中等症:重症、軽傷以外のもの、重症:3週間以上の入院加療を必要とするもの

A,軽傷が65%

また重田教授の研究の一つである猛暑期の鳥取県全域を対象に沿岸、都市、内陸を網羅するように定点型気象観測を実施し、地区ごとの熱中症リスクの特徴や時空間変動を明らかにする取り組みも紹介して頂きました。

…重田先生のホームページはコチラ

…今回のエコ端会議での重田先生の動画はコチラ


●「2050年までに脱炭素できますか?ゼロカーボン生活の作り方」

鈴木靖文氏( 有限会社ひのでやエコライフ研究所 取締役)


 2050年までに脱炭素社会実現は可能なのか?私たちの生活の中で何ができるのか?などの疑問についてお話して頂きました。その上で各家庭で消費するエネルギーからどんな取り組みが効果的か見える化できる「うちエコ診断」や「省エネ設計シート」について設計者として詳しく解説して頂きました。

…省エネ設計シートはコチラ

…今回のエコ端会議での鈴木さんの動画はコチラ


●「快適でエネルギー効率の良い夏の過ごし方」

山下弥生氏( FM鳥取・RADIO BIRD)


 明日からできる猛暑の夏を乗り切る快適でエネルギー効率の良い過ごし方をとっとりエコサポーターズの一員として実践をレポートして頂きました。メディアにお勤めだけあって、おもしろいアイデアもご存じでした。また、できるだで天然素材の衣類を使うというのも、季節や地域の自然によりそった暮らし方を紹介していただき、気持ちがいいというキーワードでさわやかに梅雨も乗り切るスタイルはとても参考になりました。


実践していること

  1. 朝のうちに色々済ませる

  2. エアコン効率を考えた部屋のレイアウト

  3. ワンプレートご飯

  4. 保冷剤の活用→就寝時の冷房を使用しなくてすむ

  5. お風呂にミント・ハッカを活用※

  6. お風呂の残り湯で打ち水

  7. 涼しい服装(化繊の服をやめるなど)

  8. 音で涼む(風鈴など)

  9. 体を冷やしてくれる食べ物を摂取

※効果は個人の感想です。専門家にご相談ください。


…FM鳥取ホームページはコチラ

…今回のエコ端会議での山下さんの動画はコチラ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 今回のエコ端会議では気候変動と健康問題やゼロカーボンへの取組、私たちの生活とを結びつけた内容でどの方も興味深い話をして頂きました。その中でも 有限会社ひのでやエコライフ研究所取締役の鈴木靖文氏に紹介して頂きいた「うちエコ診断」は興味深かったです。自分の家庭での電気代やガス代、機器の使い方などを入力することで全国的な平均との比較や効果的な取り組み方などを教えてくれるツールとなっています。自分の現状やこれからの取り組み方などを知ることはゼロカーボンへの第一歩となるな、と勉強になりました。


編集:下川創大