【セミナー案内】3/28 「SDGsへの環境教育」

日時:令和2年3月28日(土)13:00~16:30 会場:駅パル倉吉 講師:高橋敬子氏 (立教大学ESD研究所) 主催:鳥取県地球温暖化防止活動推進センター 内容:・システム思考が身につく「ミステリー」を気候変動をテーマに体験

   ・地域に合わせたミステリーのプログラムづくり

令和元年最後のアドバイザー研修会は講師に、立教大学ESD研究所 高橋 敬子 先生をお迎えし、イギリスの地理学の実践の中で開発された、システム思考が身につく学習手法「ミステリー」を、気候変動をテーマに体験します。さらに、ミステリーについて学び、実際に自分たちでミステリーをつくることによって、学校や地域での環境学習等の現場での活用を目指します。


*「システム思考」とは、物事や状況をその表面だけで捉えるのではなく、見えないものも含めて、さまざまな部分がからみあった全体をシステムとして見る考え方でありアプローチです。  地球温暖化問題にしても、経済問題や新型ウィルス問題、ほかの何にしても、「これが原因だから、こうすればよい」というような「一筋縄」では解決できない問題が増えている今、SDGsという世界共通の社会課題を解決に導くためにも、システム思考は日本と世界をよりよい方向に力強く進めてくれるものであると言われています。  SDGs、複雑な問題のレバレッジポイント(小さな力でも大きな変化を起こせる「てこの作用点」のようなもの)を見つけ出し、同時解決に結び付けていける、変化の中でよい変化を起こす力が求められています。それには、課題の目に見えない繋がりを見つけ出し解決に結び付けることができる考え方がシステム思考と呼ばれています。 ◆申込方法◆ウェブ  https://forms.gle/92iaHpqHm3e2Ww3H6

FAX  0857‐52‐2700

      メール center@ecoft.org *とっとり環境教育・学習アドバイザーあるいはとっとりエコサポーターズの方で希望される方には交通費を支給します。 住所を必ず正確に記入ください。 ◆申込〆切◆3月23日(月)   ただし、定員になり次第締め切りますのでお早めにお申し込みください。

         

最新記事

すべて表示

防災から考える自立・分散型エネルギー

昨日1月17日は阪神淡路大震災が発生した日です。 発生から26年を迎え各地で追悼が行われました。阪神淡路大震災は1995年1月17日午前5時46分に淡路島北端を震源とするマグニチュード7.3の巨大地震で、6000人を超える死者がでました。 哀悼の意を表します。 阪神淡路大震災は人口密集地を直撃したため鉄道・高速道路などの交通機関や電気・ガス・水道などのライフラインが壊滅状態となり、避難した人は最大